看護実習ポイント

基礎看護実習のポイント

基礎看護学実習

基礎看護実習とは

基礎看護学実習は、看護の基礎を学び、慢性期、急性期、地域・在宅実践に

活かせるような基盤作りを目的としてカリキュラム作成されています。

基礎Ⅰ、基礎Ⅱ実習に分類されており、1年目、2年目に

それぞれ実習に行くことになると思います。

基礎看護学の目標

学内で学んできた基礎看護学についての集大成が基礎看護実習になります。

講義を受け、演習を実施し、実習に行き、基礎看護学についての学びを深めていきます。

学内から実習まで基礎看護学にはどういった目標があるのでしょうか

基礎看護学の目標について示します。

基礎看護学の目標
  1. 看護の基本的概念を学び、人間を総合的に理解する能力を養う
  2. 看護に必要な基礎的知識を学び、技術や態度を習得する
  3. 保健医療における看護の役割と責任を理解し、他職種と連携・協働できる基礎的能力を養う
  4. 習得した基礎的看護技術を生かし、臨床判断の基礎的能力を養う
  5. 倫理原則や看護倫理を学び、看護師として倫理的判断・行動をするための基礎的能力を養う

基礎看護学の目標をみると、発達段階コミュニケーション看護過程

基礎看護技術フィジカルアセスメントチーム医療倫理的な思考等

これら知識・技術を講義、演習、実習から学んでいく必要があります。

基礎看護実習の目的と目標

基礎看護学の目標は理解できたと思うので、次に基礎看護学実習の目的と目標について

説明していきます。まずは、基礎看護実習で求められている内容についてです。

基礎看護実習で求められている内容

基礎看護実習で求められている内容は、

看護師養成所の運営に関する指導ガイドラインによると

臨床判断能力看護の基盤となる基礎的理論基礎的技術

看護の展開方法等を学ぶ内容、シュミレーション等を活用した演習を強化する内容、

コミュニケーションフィジカルアセスメントを強化する内容、

事例等に対して、安全に看護技術を適用する方法の基礎を学ぶ内容、

看護師として倫理的に判断し、行動するための基礎的能力を養う内容が示されています。

これらを網羅している内容が実習の目的や目標に含まれてきます。

 

基礎看護実習の目的

基礎看護実習の目的は以下になります。

ここにボックスタイトルを入力
  1. 学内において学んだ基礎的知識・技術及び態度を、実際の看護場面で展開し、看護の基礎的能力を養う
  2. 保健医療チームにおける看護の役割及び他職種の特徴を知り、多職種と連携・協働するための基礎的能力を養う

 

基礎看護学実習の目標

基礎看護実習の目的を達成するためには目標が必要になりますが、それが以下になります。

 

基礎看護学の目標
  1. 健康上の課題をもつ対象者の療養生活を知るとともに、どのような援助がなされているかを知る
  2. 対象者とのコミュニケーションにより接し方を学ぶ
  3. 対象者の基本的ニーズを理解し、生活上の援助を行う
  4. 診療時の看護の役割と援助について学ぶ
  5. 対象者お総合的に理解し、援助の必要性を判断して個別的な看護を行う
  6. 保健医療活動を知り、そのなかでの看護の役割と他職種の役割を理解し、職種間での連携・協働について学ぶ

実習の中でこれらを学ぶことができるように日々の行動計画を考えていけるといいですね。

基礎看護で行うアセスメント

基本的なバイタルサイン測定は必須になるので

体温、脈拍、呼吸、血圧、SPO2正常・異常をしっかりと抑えておきましょう。

 

受け持つ患者さんにもよると思いますが、呼吸音を聞かせてもらったり、

視診触診を用いたフィジカルアセスメントの知識も必要になることがあるので

受け持ち患者さんが決まったら、どのような所見に気を付ける必要があるのかを

考えましょう。

後は、ゴードンヘンダーソンなどの看護理論を活用した情報収集をして

アセスメントしていきましょう。

 

基礎看護実習ですので多くは求められませんが、

バイタルサインだけはしっかりと確認しておきましょう。

基礎看護実習での看護展開

前述したようにゴードンヘンダーソンの各項目に沿って必要な情報収集をして

アセスメント看護問題立案看護計画立案までを実施していきます。

実習の中で多くの方は計画評価まではできていない印象がありますが、

基礎看護実習ですので多くは求められません

 

看護学生は侵襲的な看護はできないので、環境整備ベッドメイキングを実施すること、

追加で何か清潔ケア(清拭、洗髪、足浴)が一つでもできると実施したという評価ができ、

良い評価につながるのではないかと思います。

基礎看護実習のポイント

基礎看護実習をうまく乗り切るためのポイントです。

基礎看護実習のポイント
  1. コミュニケーションをしっかりとる
  2. バイタルサイン測定を実施する
  3. 看護過程を展開する
  4. 基礎看護技術を実施する
  5. チーム医療の実際について学ぶ

以上になります。最後まで読んでくれてありがとうございました。

参考文献

厚生労働省:「看護師養成所の運営に関する指導ガイドラインについて」の一部改正について,2020

文部科学省・厚生労働省:保険氏助産師看護師学校養成所指定規則の一部を改正する省令の公布について(通知),2020

阿部 幸恵,藤野 ユリ子:看護基礎教育におけるシミュレーション教育の導入 基本的な考え方と事例,日本看護協会出版会,2018